SS「伊豆の猫」第2章


14.

 ある日の昼下がり、マオは蛇に睨まれた蛙のように、身動きが出来ずにいた。

 猫にとって、視線を合わせるという行為は一つの会話の様な物である。
 猫が相手を見つめるという行動には、何かを飼い主に求めたりする時や、親愛や愛情から来るもの、敵意や警戒から来るもの。
 いくつもの意味がそこに含まれている。
 野良猫の場合には、大体にして警戒や恐れから、相手を見つめる事が多い。
 なので、もし人慣れしていない猫に近づきたい場合は、あまり視線を合わせる事をせず、相手の警戒が和らぐまで大きく動いてはいけない。

 そして現在のマオは。

「猫ちゃーん……大丈夫だよぉ、怖くない……怖くない……」

 手をわきわきとさせながらにじり寄る、エプロン姿の一人の女の子から目を離せないでいた。


【スタッフ通信 vol.14】(2019.7.29)

7月15日の「スタッフ通信」で「クリームソーダは危険なのでハーフサイズからどうぞ」と書いたら、お客様から「なんでですか?」と聞かれました。ありがとうございます。
なによりもSS経由で反応があったことが嬉しくて、ニタニタ笑ってしまいました!
・・・で、ですね、ぱすた屋REBのクリームソーダはですね、普通サイズがデッカイので、なにげなくオーダーすると大変かと思われます!(ハーフの3倍)
ハーフサイズが普通よりやや大きめのグラスなので、注意が必要です。
通常サイズはジャンボサイズです、とよくわからない日本語でご説明しておりますが、シェフが通常サイズと言い切るので、そのあたりご了承くださいませ。
「クリームソーダ」ハーフ400円 通常800円 (税抜)



15.

 遡ること数時間前、その日は、天気も良く絶好の散歩日和だった。
 いつもの駅前に行ってみれば、いつも通り駅の片隅の、日当たりの良い場所でクロトラがどっしりと身体を横たえて昼寝をしていた。
 マオがその姿を見つけて嬉しそうに駆け寄れば、気配を察して寝息が一瞬だけ止まるが、正体を察するとまたすぐに寝息を立て始める。

「ねぇ、クロトラ、何かお話してよ」

 寝ているのをお構いなしに、マオがクロトラに話しかけるが。クロトラは依然として昼寝をやめようとしない。
 しばらく周りをにゃあにゃあしながらぐるぐるとしていると、クロトラも流石に堪えたのか薄目を開けてちらりとマオを見た。

「ね~ぇ~、ねぇってばぁ」
「うるせぇなぁ、さっき飯食って今は動きたくねぇんだ。もうちょっとだけ寝かせてくれよ」
「え~……だらしがないなぁ。いいよもう、僕も寝るから」


【スタッフ通信 vol.15】(2019.8.5)

7月後半までの涼しさがうそのように、毎日暑いですね~~~バテそうです。

しかし!暑い夏にもいいことはあるのです!
夏ならではの美味しいものといえば鱧。ハモです♪ 
京都では、夏といえばハモの湯引き。梅肉や酢味噌でいただく夏の味覚です。私は広島出身なので、夏になるとスーパーでもハモの湯引きが並んでいたのを懐かしく思います。

 

ハモは高級魚ですが、伊豆ではハモがマイナーなせいか、魚屋さんで時々安く売られてるんです。シェフは安くて新鮮なハモを見つけると、骨切りの練習も兼ねて仕入れてきます。今年も新鮮なハモを、せいろで蒸して、山葵マリネにしてみました。(写真は試食中~~)湯引きとは違った食感と甘みがとっても美味しかったので、オードブルでメニューに仲間入りしました!

☆夏のSS新企画!
「SSを見たよ!」と声をかけていただいた方に、ハモの山葵マリネを試食でお出しします♪ スタッフかシェフにお声がけくださいね!

※数に限りがありますので、ハモが品切れの場合は違う何かになります。お楽しみに☆

 



16.

 溜息吐きつつ、マオもクロトラの腹目掛けてぼすんと身体を横たえると、居心地のいい姿勢を探してもぞもぞと身体をくねらせる。
 普通の猫よりもいくらか恰幅のいいクロトラのお腹は、適度な弾力と柔らかな毛に包まれていて予想以上に心地が良く、家にある自分用のクッションよりもいいかもしれないとマオは思った。

「おい、わざわざくっついて寝るなよ、うっとうしい」
「いいじゃんいいじゃん、暖かいし」
「……ったく、仕方ねぇなぁ」
「そうそう、しかたないしかたない」

 それから数分と待たずして、あれだけ騒いでたマオが先に寝息を立て始める。
 その様子を見たクロトラもフンと鼻を鳴らし、やがて眠りに落ちて行った。
 やはりクロトラもマオも猫なだけあって、陽だまりの中でのお昼寝には、なんとも抗いがたい魅力がある。

 時々聞こえる電車の音や、遠くに響く鳥の鳴き声は、のどかな日常を感じさせる心地の良いBGMとして。
 クロトラが教えてくれた、パン屋という店からの香ばしい匂いは、マオに未知の美味しい食べ物を想像させる夢を見させてくれた。


【スタッフ通信 vol.16】(2019.8.19)

実はアニメオタクのシェフ。突然ボルシチを仕込み始めました。買出しでビーツを見つけたからだそうですが、私は知っています。夜な夜な仕込みの合間に、ガルパン観てたのを、、、。

ご予約のパーティ料理でお出しして、最後の少し残ったのは、まなかいで「ボルシチそうめん」でいただきました!